ANAアメックスの作り方と口コミ・評判・評価・審査落ち対策

MENU

ANAアメックスで審査落ちしない申し込み方法と口コミ!

ANAアメックスのポイント還元率と基本情報

 

ANAアメリカンエキスプレスカードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが、ANAと提携して発行している、クレジットカードです。

 

日常的にマイルがたまるだけではなく、アメリカン・エキスプレスやANAのサービスが受けられるなどの特典が、多数ついています。飛行機を利用するならば、ぜひ持っておきたい一枚なのです。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードを利用すると、100円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、1000ポイントごとに1000マイルに交換することができます。

 

※詳しくいいますと、100円の利用でアメリカン・エキスプレスメンバーシップ・リワードのポイントが1ポイント付き、そのポイントを1ポイントを1マイル(ANA)に移行(1000ポイントから)するって流れです。なのでこのANAアメリカン・エキスプレス・カードのANAマイル還元率は、1.0%(通常l利用)となります

 

年間に移行できるポイント数に制限はありませんので、いつでも好きなだけ貯めて、マイルに変えることができるのです。ポイント移行コースに登録すれば、有効期限の適用もありません。さらに、ANAグループで利用すれば、1.5倍のポイントがつきます。ANAカードマイルプラス提携店では、ポイントだけでなくマイルも獲得できますので、さらに効率よく集めることができます。

 

そしてフライトのときは、ANAはもちろん、スターアライアンスメンバーをはじめとするANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用でもマイルが貯まります。ANAグループ便を利用すれば、通常のマイルの他に加えて、ボーナスマイルも送られるのです。

 

年会費7000円+消費税を払う価値のある、コストパフォーマンスに優れたカードなのです。

 

ANAアメックスのメリットとデメリットとキャンペーン

【管理人の妻のつぶやき】
上記のANAアメックスのポイント還元率と基本情報の記事内容でメリットになる人は、飛行機に頻繁に乗る人でかつANAマイルを貯めたい人です。ANAマイルより、楽天ポイント・イオンときめきポイント・Tポイント・Amazonポイント・nanacoポイントを貯めたい人には逆にデメリットになりますので自分が貯めたい、もしくはよく利用するサービスや店舗のクレジットカードを申し込んでくださいね。

 

そして、私が思うANAアメックスのデメリットといえば、7000円の年会費です。

 

ANAアメックスは還元率が1.0%(通常利用)ですから、クレジットカードの利用が年に70万円(月58,333円)でANAアメックスの年会費の7000円の元が取れる計算になるので、私は最初ANAアメックスはお得なカードではないと思っていました。

 

しかし、旦那がANAアメックスはお得だお得だとあんまりいうもんですから、私も本や雑誌で調べてみると確かにANAマイルがお得に貯まるクレジットカードだということが判明しました!

 

てなわけで、

 

ANAアメックスのデメリット(年会費)をメリット変えて、超お得にANAマイルを貯める方法〜

 

1、新規入会キャンペーンを利用しポイントを貯める〜

 

ANAアメリカンエキスプレスカード申し込み|審査・口コミ・メリット全集!

 

ANAアメックスでは、上記キャンペーンを2017年10月31日までやっていますので、それまでにANAアメックスを申し込みして、キャンペーン期間の3カ月間に、食費や生活用品をANAアメックスで支払えば

 

最低でも以下の

 

ご入会特典で、1000マイル

 

カードご利用達成特典の5万円達成で、2000ポイント

 

カードご利用特典の5万円利用で、1000ポイント

 

で、1000マイルと3000ポイントが貯まると思います。

 

さらには、公共料金やスマホ料金等クレジットっカードで支払える全てをANAアメックス払いに集約すれば更にお得にポイントをゲット出来るキャンペ―ンなので特に入会してからの3カ月はANAアメックスを使いたい所です。

 

だって、どうせ現金か他のクレジットカードで払うんですもんね。

 

 

2、飛行機に乗る時はスターアライアンスメンバーをはじめとするANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用し、通常のマイルの他に加えて、ボーナスマイルをもらって貯める〜

 

 

3、ANAグループで利用し、1.5倍のポイントを貯める〜

 

  ANAグループを詳しく知りたい方は、こちら⇒ANAグループ

 

 

4、ANAカードマイルプラス提携店で利用し、ポイントとマイルを二重に獲得し貯める〜

 

  ANAカードマイルプラス提携店を詳しく知りたい方はこちら⇒ANAカードマイルプラス提携店

 

 

って感じになりま〜す。

 

 

あっここで耳より情報!てか脱線(笑)

 

私の妹みたいに楽天市場をよく利用する方は楽天カードを利用するとANAマイルが2倍貯まります(^^♪

 

私の妹は、楽天市場をよく利用していて、だいたい月に20,000円位購入してます。で、その2万円を楽天カードで支払うと楽天スーパーポイントが4倍ですから毎月800ポイント貯めてます。

 

妹は、ANAマイルを貯めてはいませんがもし貯めようと思えば

 

楽天ポインントクラブでその800ポイントをANAマイルに移行すれば、400マイルになりますのですごくお得です!

 

ちなみに、ANAアメックスを使い楽天市場で20,000円買い物したら還元率1.0%だから200マイル(最初の3カ月のみ400マイル)しか貯まりませんので楽天市場をよく利用し、かつANAマイルを貯めたいって人は楽天カードを使ってくださいね。

 

【管理人の妻の補足〜】
夫の内容の補足として私が調査ライターに依頼した内容です。

 

【調査ライター西さん】の記事ここから〜

 

クレジットカードを使って支払いをすると、金額に応じてポイントが還元されます。

 

還元率1%であっても、100万円の買い物をクレジットカードから済ませれば、1万円もポイントが付与されることになります。

 

生活密着型や高還元率のカードなら、貯まったポイントを使って各種サービスに申し込みをすることもできるでしょう。

 

ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードと、グレードが上がるごとにポイント還元率は高く設定される傾向にあります。

 

それでは一般カードに分類されるANAアメリカン・エキスプレス・カードだと、どれくらいのポイントを得られるのでしょうか。

 

基本システムとして、ANAアメリカン・エキスプレス・カードではカード利用100円に対して1ポイントが貯まります。付与率のみから計算すると、還元率は1%となります。

 

ただし貯まったポイントを旅行の割引や商品券への交換に使用した場合、ポイントと同額のアイテムが受け取れるわけではありません。

 

例えばポイントを全国百貨店共通商品券に交換すると、0.6%ぶんとして還元されるのです。

 

そのためトータルでは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率は0.4%から0.6%になります。

 

一般カードの平均的な還元率が1%と言われていますので、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは下回っているとも考えられるでしょう。

 

しかし0.4%から0.6%という数値は、単純な還元率のみを指します。どういうことかと言うと、ANAグループでの利用に対してANAアメリカン・エキスプレス・カードを使うと、付与されるポイントは1.5倍まで上昇するのです。

 

さらにANAマイレージクラブ提携航空会社便に搭乗すれば、ボーナスマイルが通常フライトマイルに上乗せされる形で付与されます。

 

ボーナスマイルに適用される区間毎の割り増し率は10%です。 ANAアメリカン・エキスプレス・カード申込者は、マイルを貯めたい、飛行機を頻繁に利用する人達です。

 

5,000マイル以上貯めれば国内線航空券、12,000マイル以上貯めれば国際線航空券に交換できます。

 

つまりANAグループのサービスを普段からよく使うなら、ポイントとは別にマイルも還元されるため、総合的な還元率は1%を大きく上回るでしょう。

 

 ちなみに貯まったポイントは、マイルに移行することもできます。入会時やカード更新時にはボーナスマイルが付与されます。

 

マイル有効期限は3年間、ポイント移行コースに登録しておけばポイントは無期限で使用可能です。 

 

【調査ライター西さん】の記事ここまで〜

 

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのお得なサービス

ANAアメリカンエキスプレスカードには、魅力的なサービスがついています。とくに空港でのサービスが充実しており、たとえば、国内主要空港及び、海外2空港のおける空港ラウンジが、同行者1名まで無料で利用できます。

 

さらに、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港では、海外旅行からの帰国したときに、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれます。中部国際空港と関西国際空港では、乗り継ぎ便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所で荷物を無料で預かってくれるサービスまでついてきます。

 

海外旅行保険や国内旅行保険、海外の旅行先からでも24時間日本語で無料対応してくれる、グローバル・ホットラインも利用できますので、旅行における心強い味方となります。

注目ポイント

ANAアメリカンエキスプレスカードは、マイルをお得にためるだけではなく、旅先の安心も保証してくれます。

 

しかも、入会&利用キャンペーンを継続的に実施しており、これに参加すると、より効率的にマイルをためることができます。そういった点からも、飛行機を利用される方にとって、手放せないカードといえるのです。

 

 

【管理人の妻の補足〜】
夫の内容の補足として私が調査ライターに依頼した内容です。

 

 

【調査ライター田辺さん】の記事ここから〜

 

・海外旅行先でANAアメリカン・エキスプレス・カードが役立つ理由とは?

 

海外旅行先にてANAアメリカン・エキスプレス・カードがどの程度役立つものなのかご存知でしょうか?大きく二つのサービスがあり、グローバル・ホットラインと旅行傷害保険です。

 

これらの充実した内容について、記事の中で詳しい情報をまとめています。

 

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードに入会しておくと、利用金額に応じてポイントが貯まります。ポイントはマイルにも交換ができますので、貯まったマイルを使ってANAグループ便を利用することも可能です。

 

 

さらに海外旅行先でも、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは役立つのです。その理由は、主に2つの手厚いサービス内容にあります。

 

 

1つはグローバル・ホットラインと呼ばれる、会員向けサポートサービスです。これは海外旅行先でトラブルが発生した際、24時間コレクトコールを利用できるサービスとなります。

 

 

治安のあまり良くない国へ出掛ければ、現地で盗難被害に遭遇するかもしれません。怪我や病気により、緊急で病院を利用することもあるはずです。

 

 

行き慣れていない国なら、日本の時のように119番へ電話をすればOKとはならないでしょう。中には、自分に見合ったレストランを知りたいという人もいます。

 

 

こうした案件の紹介から解決までを、グローバル・ホットラインなら現地に居ながら無料で支援してもらえます。もちろん対応は日本語ですので、スムーズに問題を解決できるでしょう。

 

 

アメリカ合衆国やフランス、イギリス、イタリア、ドイツ、スイス、オーストラリア、香港、韓国、台湾などと、地域別で連絡先が設けられています。海外旅行先に応じて、地域別担当センターがサポートしてくれますので、安心して快適な旅行を楽しめます。

 

もう1つは付帯される旅行傷害保険の充実具合です。ANAアメリカン・エキスプレス・カードは旅行者向けクレジットカードということもあり、自動付帯保険についても手厚い補償に期待できます。

 

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードから旅行代金を決済した場合、傷害死亡・後遺障害保険金が最高で3,000万円まで支払われます。家族カード会員であっても、最高1,000万円までの保険金が補償されるのです。

 

 

他にも傷害治療費用保険金や疾病治療費用保険金は最高100万円、賠償責任保険金なら最高3,000万円まで補償保険金が設定されています。携行品損害保険金や救援者費用保険金といった、あまり馴染みのない保険についても補償されていますので、海外旅行先で万が一のトラブルに見舞われても金銭的負担を大幅に回避できるでしょう。

 

 

保険金の請求に関しても、前述したグローバル・ホットラインを通じて相談が行えます。個人では解決が難しい保険金の問題、また現地でカードを紛失してしまった時も、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば早期解決が図れます。

 

【調査ライター田辺さん】の記事ここまで〜

 

 

 

【調査ライター徳重さん】の記事ここから〜

 

クレジットカード業界では、世界的に有名なブランドが5種類あります。国際ブランドは加盟店も多く、街中でロゴマークを見かける機会も多いでしょう。
ショッピングを頻繁に行う人は、ポイント還元率が高そうなブランドを利用します。

 

さて、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、Amexが全日本空輸株式会社と提携して発行しているクレジットカードになります。
全日本空輸株式会社はANAのことですので、旅行で役立ちそうなクレジットカードというイメージを抱くはずです。

 

たしかにANAアメリカン・エキスプレス・カードを保有していると、ポイントやマイルが貯まります。
空港内では無料サービスをいくつか利用でき、海外旅行や国内旅行の際には手厚い旅行傷害保険が自動付帯されます。

 

旅行先で言葉の壁にぶつかってしまったら、電話1つで専門スタッフが24時間相談に乗ってくれますので、旅行で役立つというブランドイメージは間違っていません。

 

続いてアメリカン・エキスプレス、通称アメックスについてです。

 

カード発行元の会社はアメリカに本社があるため、漠然と信頼性や安定性が高いと思われているかもしれません。

 

実際に国際ブランド5種の中でも、常にトップ争いをしているクレジットカードですので、富裕者層向けの定番ブランドという位置づけになります

 

また国内大手金融機関との提携を発表するなど、独自路線の開拓にも積極的です。

 

そもそもANAアメリカン・エキスプレス・カードが、ANAとの提携クレジットカードになるのですから、先進的なブランドイメージの濃いカードと言えます。

 

アメリカン・エキスプレスは、トラベラーズチェックや旅行代理業が主軸となる会社です。

 

大きなカテゴリから見ればANAと同業であり、旅行サービスを扱う会社が手を組んで作った、旅行者向けのクレジットカードです。

 

 

【調査ライター徳重さん】の記事ここまで〜

 

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの申し込み方法(作り方)

 

 

便利に活用する事ができるANAアメリカンエキスプレスカードの申し込み方法は、ANAの公式サイトからインターネットを使用して入会の申し込みを行う事が出来ます。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの貯まったポイントは好きな時に使用する事ができ、貯まったポイントでANA特典航空券やアイテムと交換する事が出来ます。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードならではのサービスは、旅行への出発や乗り継ぎの待ち時間や海外旅行の帰国時まで、様々なサービスを利用する事ができるのがメリットです。

出発前に特別なくつろぎの空港ラウンジを利用でき、海外旅行の帰国時に空港から自宅まで、荷物を無料で配送してもらう事が出来ます。

 

海外旅行や国内旅行の際には、航空券パッケージやツアー等をANAアメリカンエキスプレスカードで支払う事で、旅行時には安心の旅行災害保険が付帯します。

 

海外先からも日本語で対応をしているグローバルホットラインを使用できるので、レストランの予約や緊急時の相談などまでと、電話対応をしているため世界中のほとんどの国から24時間通話料無料やコレクトコールを活用する事が出来ます。

 

インターネットを使用して申し込みが簡単にできるANAアメリカンエキスプレスカードの利用で、スマートにポイントを貯めながら、たくさんの特典を利用する事が出来ます。

 

ショッピングや食事や旅行の時の支払いにANAアメリカンエキスプレスカードを使用する事で、マイルが貯まりやすく貯まったマイルで無料航空券と交換を行う事が出来ます。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードは海外や国内でも、スムーズに対応しています。

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの審査基準と審査落ち対策

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードはアメックスブランドということもあり、一般的なカードよりも多少審査が通りにくい部分があります。

 

それでも富裕層にしか持てないカードというわけでもありませんから、極めて所有をすることが難しいというカードではありませんが審査落ち対策をしておかなければ落ちてしまうおそれもあるので対策はしっかりしておく必要があります。

 

 

申込時の情報の不備に注意

審査落ち対策として意外に見落としがちなポイントとして、申込時の情報の不備があります。
電話番号が間違っていたり、記入すべき部分を空白などにしておくとそれが原因で審査に落ちてしまうということもあるので十分に注意をしましょう。
 
クレジットカードは信用によって作られるものですから、申込時の情報に不備がある場合にはそれが故意によるものかそうでないかは相手側からすればわからないものであり、虚偽の申請と捉えられてしまいますから情報は間違いないように登録をするよう必要があります。

 

 

余分なカードを解約する

十分な収入があるはずなのに審査落ちしてしまうというケースでは、すでにカードを持ちすぎていてこれ以上カードをもたせるのは危険だと判断されてしまうケースがあります。

 

例えばANAアメリカンエキスプレスカードが二枚目のカードであるといった場合には、まだまだ余力があると判断されて審査が通るケースであってもすでに5枚も6枚もカードを所有していて、それを上限一杯まで使うことがあれば返済ができなくなってしまう可能性があります。

 

そのような状況だと貸倒れる可能性が高い相手だと判断されてしまうことがありますから、審査に落ちてしまうことがあるので使っていないカードは解約するなり限度額を低くするなりして余力を作っておきましょう。

 

 

勤続年数が経過するまで待つ

ANAアメリカンエキスプレスカードを作る場合、安定した収入があれば作れると思っている人も多いことでしょうが、安定した収入がこの先もあるかどうかは勤続年数によって判断される場合もあるので、正社員であっても入社したばかりであれば審査に落ちてしまうということもあるので注意が必要です。

 

何年も働いていた人が急にやめるとは考えにくいものですから、カード会社としてもこのような人には安定した収入があるとカードを発行しますが、入社して数ヶ月の場合には途中でやめてしまう可能性もあるので正社員であっても安定した収入があるとみなされない場合があります。

 

そのため、審査落ち対策には勤続年数が経過するまで待つというのもひとつの方法となります。

 

 

特に何も考えなくても審査に通ることもありますが、審査落ちしてしまうとすぐにカードの発行が難しくなってしまうので、確実にカードがほしいのであれば審査落ち対策をしっかり立ててから申し込むことが大切です。

 

 

【管理人の妻の補足〜】

 

旦那とは別ルートで、ANAアメックスの審査基準と審査落ち対策について調べてもらった内容を以下に記載しますね。

 

【調査ライター田辺さん】の記事ここから〜

 

サービス内容は一般的なクレジットカードのゴールドカード並とまで言われているANAアメリカン・エキスプレス・カードですが、その審査基準はどの程度必要となるのかご存知ない人が多いと思います。
今回は、そんなANAアメックスの審査基準と審査落ちについて、ネット上の口コミなどから集めた情報で基準についてまとめてみました。

 

 

ポイント還元だけでなく、利用金額に応じてマイルまで追加付与されるANAアメリカン・エキスプレス・カード。数あるクレジットカードの中でも、旅行サービス特化という珍しいオリジナリティを有しています。

 

 

飛行機を使う人から評判の高いカードとなりますが、問題は審査をパスできるかです。名称からも分かる通り、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは一般カードに分類されます。

 

 

ただし、サービス内容はゴールドカード並みとも称されているのです。アメリカン・エキスプレスは通称アメックスと呼ばれ、世界で利用ができる国際ブランドです。

 

そのため、申し込みをする前に審査基準を満たしているかの確認を行いましょう。

 

ANAが公表しているANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会資格は、原則として20歳以上及び定職のある方となります。そして申込書に記載する住所が、日本国内であることも必須です。

 

 

国内で正社員として働いている成人ならば、基本条件はクリアしていると言えます。残念ながらフリーターの人は定職とは判断されないため、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを保有できません。

 

 

細かい審査基準については、発行会社側の機密情報であり、審査ポイントも不明です。勤務年数が長ければ信頼性は増しますし、資産が多ければ返済能力が高い人物とアメリカン・エキスプレスは思うでしょう。

 

逆に債務整理をしていたり、クレジットカードやローンの返済が滞っていると、安定性に欠けると判断され落とされます。
こうした事故情報は、個人信用情報機関にて記録管理されています。

 

 

一定年数が経過すると記録は削除されますので、思い当たる人はブラックリスト入りしていないかどうか調べておくべきです。

 

 

ネット上では、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの審査に落ちたという書き込みを見つけられますが、本人が自覚していないだけで原因は借金の延滞にあったりします。
お金絡みのトラブルは、クレジットカード発行においてはご法度となるため、注意しなければいけません。

 

 

最後に基準年収について紹介しておきます。審査落ちしている人は、年収300万円未満の層に多いです。
つまり前述した条件を全てクリアしており、年収も300万円以上あるなら、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの審査に合格する可能性は高いでしょう。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスカードの中では審査に通りやすいと言われていますので、あまり気にせず申し込みをしてみると良いです。

 

【調査ライター田辺さん】の記事ここまで〜

 

 

 

【調査ライター安田さん】の記事ここから〜

 

人によっては商品開発力や安心感、親近感、革新的といったブランドイメージから、クレジットカードを選ぶと思いますが、欲しいクレジットカードができると審査落ちの不安は誰しもあるものです。

 

クレジットカードの審査落ちが不安なときは、まず、自分の年収に見合った審査の甘そうなブランドに申し込みをする人が多いと思われます。

 

そのため、まずはANAアメリカン・エキスプレス・カードの持っているブランドイメージが、あなたの理想とするイメージと一致しているかを知りましょう。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ゴールドカードではなく一般カードに分類されます。

 

入会資格は20歳以上の定職のある方と敷居も低いため、クレジットカードの中では審査が甘いイメージもあります。

 

富裕者層向けのブランドと考えれば年会費も安く、手軽に保有できるが人に自慢もできるクレジットカードと言えるでしょう。

 

【調査ライター安田さん】の記事まで〜

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの作り方(方法)は簡単

 

 

ANAをよく利用する人には、ANAアメリカンエキスプレスカードが非常にお得なカードとなっています。
年会費はかかるものの特典やポイント還元が多いため、ANAの利用回数が多い人であればあっという間に元を取ることができます。
 
ANAアメリカンエキスプレスカードの作り方の方法はとても簡単で、ウェブ上から申し込みをすることができすぐに作ることができるので手間がかかりません。

 

 

ANAを頻繁に利用する人は必携

クレジットカードというのは用途に合わせて使い分けることで得をすることができるのですが、ANAをよく利用する人であればANAアメリカンエキスプレスカードを持つことでかなりの節約効果が生まれます。
無期限のポイントが付与されることに加え、マイルも効率よく貯まっていくのでANAを頻繁に利用するという人であればまさに必携のカードとなっています。

 

飛行機の利用というのは大きなお金が発生しますから、仕事などで頻繁に飛行機にのる場合持っていて損はなく専用ラウンジを利用できるという特典もあります。

 

 

どのように作ることができるのか

ANAアメリカンエキスプレスカードの作り方はとても簡単であり、ウェブ上から申し込みをすることができるのでどこかに出かけるという必要はありません。

 

インターネットに接続できる環境があればすぐに申し込みをすることができますし、時間を問わないので深夜であろうが早朝であろうが関係ありません。

 

情報の入力フォームに必要な情報を入力していくだけで申し込みをすることができますから、家にいる時の暇な時間に申し込みをすれば必要な情報を調べるにもすぐに調べることができますから便利です。

 

 

必ず作れるわけではない点だけ注意を

ANAアメリカンエキスプレスカードに限らずクレジットカードというのは審査がありますから、申し込みをしたからといって必ずしも発行されるということはないので注意をしましょう。

 

普通に生活をしていれば極めて審査が通りにくいというものではありませんが、すでにカードを持ちすぎていたり収入が不安定だと判断をされてしまった場合などには申請が通らないこともあるので、そのような時には原因をよく考えて対策をたてることが大切です。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードはANAを利用するのであれば、持っておきたい一枚となっていて申し込みもウェブ上から簡単にすることができるので、暇な時間にさくっと申し込みをして作ってみるのが良いでしょう。

 

オススメカードランキング

ANAアメリカンエキスプレスカードの特徴

ANAアメリカンエキスプレスカードは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが、ANAと提携して発行している、クレジットカードです。日常的にマイルがたまるだけではなく、アメリカン・エキスプレスやANAのサービスが受けられるなどの特典が、多数ついています。飛行機を利用するならば、ぜひ持っておきたい一枚なのです。

評価 評価5
">詳細ページはこちら公式ページはこちら

 

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードの特徴

クレジットカードの種類は多数ありますが、旅行好きの人に特にお勧めできるカードがANAアメリカンエキスプレスゴールドカードです。アメリカンエキスプレスと全日空が提携して発行しているため、様々なトラベルサービスの恩恵を受けることが出来ます。
ポイントをマイルに交換できるため、旅行でポイントを貯めてマイルを増やし、そのマイルで再び旅行に行くと言ったことも可能になります。

評価 評価4

 

ANAVISAカードの特徴

クレジットカードの機能と電子マネーも搭載が搭載しているため、コンビニや自販機などと毎日のちょっとした買い物の時に現金の代わりにカードを利用する事ができ、カードを利用する事でマイルやポイントを貯める事ができる事です。
貯まったマイルで航空券との交換や景品などにも交換ができるので、買い物や支払いをしながら効率良く貯める事が出来ます。

評価 評価3.5

 

ANAVISASuicaカードの特徴

ANAVISASuicaカードは、ANAカードSuica、そしてクレジット機能がひとつになったカードです。乗り物の利用や、買い物でポイントを貯めることができ、ポイントはマイルやSuicaに交換できます。また、国内外の旅行時における保険や、優待サービスを受けることもできますので、ANAを利用して旅行する人にとって、手放せない一枚となっているのです。

評価 評価3.5

 

ANAダイナースカードの特徴

近ごろでは、手軽で便利なクレジットカードに申し込む人が多く見られるようになりました。ANAダイナースカードは、学生や主婦なども利用できる理想的なカードとして圧倒的な人気を集めているのです。パソコンやタブレット、スマートフォンなどでインターネット申し込みができる点も魅力です。24時間365日いつでも好きな時間帯にアクセスできる気楽さも人気の秘密となっています。

評価 評価3

 

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの口コミ(評判・評価)

 

ANAアメックス利用者Aさんの口コミ

 

クレジットカードにはポイントが貯まったり、保険が付帯されているなど、独自の特典がいくつかありますが、私が他社カードとの比較作業を行い、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを選んだ理由は次の通りです。

 

入会前は、会員の年会費は7,000円、カード利用金額100円に対して1ポイントが貯まるシステムで、一見したらお得感が少ないと感じました。

 

ポイントは旅行商品の購入や機内販売、カード継続時に付与されるとありましたが。

 

そんな中で、私がメリットに感じたのは飛行機に2か月に一回は乗るので、

 

・ANAグループ便を利用すればポイントが通常よりも10%上乗せされる。

 

・提携店での支払いならポイントとは別に100円あたり1マイルが貯まる

 

・貯めたポイントはマイルへの移行が自由で航空券やANAオリジナルアイテムとの交換ができるってとこでした。

 

そして、私はANAアメックスをネットで申し込みました。以前楽天カードの審査に落ちた事があったので、審査落ちの心配もしましたが無事に審査に合格し発行されました。

 

それからは、ANA関連のサービスを日頃から頻繁に使う様になり、それ以外にもコンビニ、スマホ料金、公共料金の支払いもANAアメックスで行ってどんどんポイントを貯めていきました。

 

そんな時、年会費6,000円のポイント移行コースに登録するとポイント有効期限が無期限になることを知りました。

 

で、ポイント移行コースに入ると、合計で13,000円の年会費が発生します。しかし、計算してみたら私の場合は、ポイント移行コースに入った方が絶対にお得だとわかったので私は入りました。

 

家族カード会員も1人につき2,500円であるとのことですが、私は妻と二人なので、私のANAアメックス1枚で専用の空港ラウンジを私と妻の二人が無料になるので家族カードはいらないと感じ作ってません。

 

もし、子供が生まれたら妻に家族カードを作らせようと思ってます。

 

理由は、私のカードで2人、妻のカードで2人の合計4人が空港ラウンジを無料で使えるからです。

 

あ、ちなみに、上記年会費は全て税別表示なので、消費税がかかります。

 

あと、私がANAアメリカン・エキスプレス・カードに魅力を感じたは、保険が自動付帯されているからです。

 

国内旅行なら最高で2,000万円まで、海外旅行なら3,000万円の傷害死亡・後遺障害保険金が補償されています。

 

破損や盗難に伴うショッピング保険の補償は、1人につき最高200万円です。

 

そんな、ANAアメックスを実際に使ってみて他社カードと大きく違うと感じた事は、やはり旅行サービスに特化しているという点です。

 

ANAグループの利用だけでポイントやマイルがどんどん貯まりますし、傷害保険もゴールドカード並みの補償内容となっているからです。

 

おまけに、カードを保有していれば、専用の空港ラウンジを同伴者1名を含めて無料で使えます。

 

このサービスを知らなかった妻は、すご喜び、【すごい優越感!ありがとうあなた、尊敬する〜】

 

って言われて私もすごく嬉しく(・∀・)ニヤニヤしてしまいました。

 

あと、中部国際空港や関西国際空港では、搭乗時間までの間、手荷物を無料で預かってくれますし、海外旅行から帰国をした際、成田国際空港や中部国際空港、関西国際空港に限りますが、スーツケースを無料で1つ自宅まで配送してくれます。

 

また、グローバル・ホットラインと呼ばれる海外滞在時の日本語サポートも受けられるとのことで、現地でレストラン予約をしたり緊急で病院の世話になるという時でもすごく安心です。

 

私は英語を含め外国語がまったくダメですからこのサービスがあれば妻にカッコいい所を見せられそうですしね。

 

最後になりますが、ANAアメックスは私たち夫婦にとって一番お得で、優越感に浸れるクレジットカードです。

 

 

ANAアメックス利用者Bさんの口コミ

7年前にクレジットカードの入会申し込み時の審査に不安を感じた私は、まずは、審査が甘いと評判の楽天カードに申し込みしたのを思い出します。

 

初めて手にしたクレカだったので、2年ほど使ってましたたが、少し敷居の高いおしゃれなレストランで楽天カードを利用するのが恥ずかしいと感じ、アメックスの中で比較的審査に通りやすいと言われているANAアメックスに申し込みをしました。

 

ANAアメックスの実物を手に取って楽天カードと見比べると、すごく上品で綺麗でカッコいいカードフェイスにうっとりみとれてしまいました。

 

それからは、楽天市場などのネットショッピングでは楽天カードを利用し、リアルの実店舗(コンビニ・スーパー・レストラン)等は、人に見られるので、綺麗で高級感あるANAアメックスを利用しています。

 

楽天市場をよく利用する主婦の私は、全部楽天カードを使った方が楽天スーパーポイントがお得に貯まるってのはわかってますが、人前に楽天カードを出すのが恥ずかしい。

 

それより、人に堂々と見せられて優越感に浸れる高級感で美しい券面のANAアメックスを使いたいのです。

 

 

ANAアメックス利用者Cさんの口コミ

 

クレジットカードって手持ちのお金がなくてもショッピングや食事などの支払いをスマートに行う事ができてすごく便利ですよね。私は出張族なので、国内や海外でもANAアメックスを利用しています。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードを使い始めてANAマイルが驚く程早く貯まるのですごく嬉しいですね。

 

スタバでのコーヒー1杯やコンビニでの利用、毎日の日常の生活の中でもANAマイルが効率よく貯める事ができてます。

 

また空港や旅先などでアメリカンエキスプレスの多彩なサービスを利用する事が出来るし、旅行の時にはアメリカンエキスプレスの保管サービスが充実し、万が一のトラブルの時にも安心が出来るクレカなので私はANAアメックスしか使ってません。

 

飛行機によく乗る方には絶対に使ってもらいたいクレカだと思いますね。

 

ちなみに、私の弟も2か月に1度くらい飛行機に乗るっていうので、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがすごくお得だし、女性からカッコいいクレカだねって言われたことあるよって教えてあげたら早速、入会申し込みしてましたね。

 

 

 

現金を持ち歩かなくても手軽にショッピングができるクレジットカードは、1枚は財布に入れておきたい必須アイテムです。中でもANAアメリカンエキスプレスカードは利用者の口コミで評判がよくて、特に旅行好きな人におすすめのカードです。

 

マイルが貯まりやすい

 

ANAアメリカンエキスプレスカードはカード利用代金100円が1マイルに換算されるシステムなので、飛行機に乗らなくても普通の買い物をするだけでどんどんマイルが貯まっていきます。ANAのマイルに移行する手続きも簡単で、年間移行ポイント数の制限などもありません。

 

航空券の予約で登録するクレジットカードとして使うと、ANAグループのフライトならマイルが1,5倍加算されるボーナスがあり、更に通常のフライトマイルに加えて搭乗毎にボーナスマイルが10%加わります。普段からANAを利用する人は効率よく一気にマイルを貯めることができます。

 

 

旅行をもっと手軽にできる

 

口コミで人気のサービスの一つに「手荷物無料宅配サービス」があります。ANAアメリカンエキスプレスカードの会員は海外旅行から帰ってきたときに到着した空港からスーツケース1個を自宅まで配送してもらうことができるので、重い荷物を抱えて帰る必要がなくなります。

 

ほかにも空港のクロークを利用したりパーキングサービスなどもあって海外旅行がもっと身近なものになります。旅行傷害保険も付帯しているのでカードを持っていれば安心して旅を楽しめます。

 

 

使える店舗が圧倒的に多い

 


アメリカンエキスプレスは国際的に知名度が高いブランドなので、国内外のほとんどの店舗やオンラインショップで利用できます。一般の加盟店に加えてANAアメリカンエキスプレスカードのカード会員だけが利用できる海外のデパートや免税店もあるので、お買い得にショッピングを楽しむことができてマイルやポイントも貯まるので一石二鳥です。

 

カードで購入した品物に不備があった場合の返金保証や盗難・故障時の対応も万全なので安心です。

 

 

航空系のクレジットカードの中でも口コミで人気があるANAアメリカンエキスプレスカードは、国内・海外共にほとんどの店舗で使うことができて、ANAグループのフライトやホテルなどでボーナスマイルも加算されるため旅行好きにおすすめです。

 

マイルを貯めて航空券と交換したり、シートをグレードアップしたりいろいろな使い方ができて、空港でのサービスも受けられるので旅行を快適にしてくれます。