ANAアメリカンエキスプレスカードの年会費について

MENU

ANAアメリカンエキスプレスカードの年会費で損する人?

 

では、早速ですが今回の調査で、ANAアメックスの年会費7,000円(税込み7,560円)で損する人が判明しましたので以下に記載しました。

 

@ネットショッピングで、楽天市場・Amazon・ヤフーショッピングをよく利用している人は損します。

 

【理由】これらのショップでANAアメックスを利用すると還元率1%(100円で1円)ですが、楽天市場で楽天カードの利用でポイント常時4倍(100円で4円分)ですし、アマゾンでアマゾンマスターカードを利用すると、プライム会員で2%(100円で2円分)、非会員でも1.5%(100円で1.5円分)の還元率だし、ヤフーショッピングだとYahoo! JAPANカードを使うとポイント3倍(100円で3円)だからです。

 

Aリアル店舗のイオン・マックスバリュー・ホームワイドなどのイオングループでよく買い物をする

 

高島屋・マルコでよく買い物を

 

 

そもそもANAアメリカンエキスプレスカードって?

数ある提携クレジットカードの中でも人気が高くスタンダードなカードと言えば、ANAアメリカンエキスプレスカードが挙げられます。

 

大手クレジットカード会社のアメリカンエクスプレスが全日空と提携して提供しているカードで、ANAグループが運行するフライトを利用することでマイルが貯まるのはもちろん、その他の利用でもポイントが貯まりさまざまなポイント利用の方法があるお得なカードです。

 

ANAアメックスの年会費について

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードは年会費として7,560円がかかり、家族会員であれば減額になりますが2,700円かかります。一見すると高額で、マイルやポイントでせっかくお得なサービスを受けられると思ったのに年会費で支出が増えてしまうと思ってしまいます。

 

しかし、この年会費にはそれに見合うだけのさらなる充実したサポート内容が含まれているため、年会費だけを見て判断するのではなくこの先の使い方やサービス内容を考えて選ぶ必要があるのです。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードのサービス内容について

年会費がかかるということは、それ相応のサービスの充実が図られているものです。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードが人気の理由には、クレジットカード会社大手のアメリカンエクスプレスの信頼性の高さと大手航空会社である全日空の提携だからこそなせる質の高いサービス内容があります。

 

全日空と提携しているため、空港のラウンジを無料で利用出来るほか同伴者1名もまた無料で利用することができます。
また、海外旅行においては旅先でのトラブルに対応する各種保険サービスも利用できるため、旅行時には安心のサービスであると言えるでしょう。

 

 

【管理人の妻の補足〜】
夫の記事の内容が乏しくてすみません。m(__)m

 

補足として私が調査ライターに依頼した内容を追記しました。

 

 

【調査ライター橋口さん】の記事ここから〜

 

クレジットカードは、スタンダードやゴールド、プラチナ、ブラックといくつかのグレードが用意されています。
グレードが上がるほど、提供サービスの質も高まるために年会費は上昇します。

 

スタンダードのものは大衆向けクレジットカードですので、中には年会費無料のカードもあります。2,000円から5,000円がスタンダードカードの平均的な年会費と言われており、キャンペーンを利用すれば初年度の負担額も減らせるでしょう。

 

ところがANAアメリカン・エキスプレス・カードはスタンダードに該当するものの、基本カード会員すら年会費が7,000円かかります。

 

ポイントが無期限で貯められるポイント移行コースまで利用すると、追加で参加費6,000円が必要です。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードをフル活用するならば、年会費だけで税別13,000円かかることになり、これはスタンダードカードの相場を大きく上回ります。

 

どうしてゴールド以上ではないANAアメリカン・エキスプレス・カードが人気なのかと言うと、アメックスのカードを持てるというステータスを得られるからです。

 

アメックスとはアメリカン・エキスプレスの略称です。

 

国際ブランドの1つであり、国際ブランド発行のクレジットカードを保有するには厳しい審査基準をパスしなければいけません。

 

その中でANAアメリカン・エキスプレス・カードは、スタンダードということもあり審査が甘いという魅力を有しているのです。

 

カードデザインは高級感漂うシックな仕上がりのため、友人や知人にも自慢できるでしょう。

 

また旅行時のサービスや補償内容に魅力を感じる人も少なくありません。

 

ANAがアメックスと提携発行しているカードですので、カード保有者は飛行機搭乗までの時間を専用ラウンジで過ごせます。

 

荷物を預かってくれたり、帰国時にはスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスも実施しています。

 

旅行の際に自動付帯される保険につきましても、国内旅行なら死亡・後遺障害が最高2,000万円、海外旅行なら最高3,000万円まで補償されます。

 

障害治療や疾病治療、賠償費用、携行品損害にまで対応していますので、ゴールドカード以上の補償内容になっています。

 

そしてANAアメリカン・エキスプレス・カードを使えば、利用金額100円に対して1ポイントが貯まります。

 

支払い方法によってはポイントが1.5倍、ポイントとは別に100円あたり1マイルが付与されます。

 

 

ポイントはマイルに移行できますので、ANA航空便を利用することで効率的にマイルを貯められるでしょう。

 

つまり仕事や遊びで定期的に飛行機に乗る人は、平均より高い年会費を払っても十分に恩恵が得られるクレジットカードなのです。

 

 

【調査ライター橋口さん】の記事ここまで〜

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードは年会費が比較的高額であるものの、それに見合ったお得なサービスを豊富に提供しており、特に航空機利用の多い方にはメリットの多いカードと言えます。

 

クレジットカードというと高額な買い物やネットショッピングでの利用をイメージしがちですが、各クレジットカード会社は数多くの提携カードを提供しており、日々の暮らしでクレジットカードを利用するほどお得なポイント還元を得られるサービスが提供されています。

 

中には入会費・年会費無料というカードもありますが、年会費がかかるものにはそれなりの価値があるのでクレジットカードに入会する際にはサービス内容もしっかりと検討することが大切です。